ひな人形・ひな祭りの豆知識


ひな人形の由来

ひな人形はもともとの女の子たちが遊んでいた紙の人形。平安時代には「ひいな遊び」と言って、紙でつくった人の形のお人形を、同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせるというお人形遊びが貴族の女の子のなかで流行したそうです。
女の子の遊び道具としても使われる人形は、次第に立派なものに作られるようになった。江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになった。


ひな人形の飾り方の種類

◆親王飾り・・・最上段の男女一対の人形となる親王さまだけ
「殿」と「姫」の2つの人形が1つのペアになったひな人形です。一般的に「殿」と「姫」を中心に飾り、「屏風(びょうぶ)」「雪洞(ぼんぼり)」「菱高三宝(たかつきさんぽう)」「桜橘(さくらたちばな)」を飾ります。殿は向かって左に置き、姫を向かって右に置いて飾ります。しかし、その逆に飾る地域も一部あります。
◆段飾り・・・人形が15人揃った段飾り
段飾りは基本的に段に赤い布(緋毛せん)をかけ、その上に雛人形をのせた飾りですが、木製段に飾るタイプもあります。 段は5段、7段、8段があります。7段の上に15人を1セットとして飾ることが典型的です。段に10人や18人を1セットとして飾ることもあります。。
◆五人飾り(二段または三段飾り)・・・親王に三人官女を加えた段飾り
2段または3段の形状で塗装仕上をしてある木製段の上に「親王」「三人官女」の5人の人形をのせた飾りで段飾りの一種です。


3月3日はひな祭り

「節句」は季節の節目となる日のことで、赤ちゃんが初めて迎える節句を「初節句」といいます。女の子は3月3日の「桃の節句」、が初節句の日にあたり、ひな人形を贈って飾ります。初節句は子供の健やかな成長を願う大切な行事なので、両親や親戚、友人を招いてお祝いする方が多いです。生後1ヶ月未満の新生児だと翌年に初節句のお祝いするのが一般的です。


ひな人形を飾るのはいつ頃

ひな人形は立春の日か、立春以降の大安か友引といった縁起がよい日に飾ります。遅くとも、ひな祭りの一週間前までには飾り付けを済ませるのが良いでしょう。
しまう時期については、「大安がいい」「二十四節気のうちのひとつ「啓蟄(けいちつ)」(=3月6日頃) がいい」「天気が良ければいつでもいい」などさまざまな考え方があります。


ひな祭りのお祝い

初節句のお祝いは、祖父母や両親の兄弟姉妹といった親戚が贈ります。プレゼントを贈ることもありますが、現金が一般的なようです。現金を贈る場合の相場は、親族が5,000円~10,000円が一般的です。現金を紅白の蝶結びがされたのし袋に入れ、表書きに「御初節句御祝」「御祝」「祝初節句」と筆で書きましょう。


ひな祭りに食べたい縁起の良い食べ物

◆ちらし寿司
ちらし寿司は、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるます。
◆菱餅
緑、白、ピンク(紅)の3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ります。色の意味にはいくつかの説があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味するという意味が込められているという説があります。緑餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げると言われるひしの実が入り、ピンク餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけています。また、菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。
◆ひなあられ
餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつです。ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。
◆白酒
もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、「白酒」が親しまれるようになりました。
◆はまぐりのお吸い物
はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。


  • コットンの日

    5月10日は『コットンの日』です。 その由来は五(こ)ten(テン)で『コットン』という語呂に合わせなることから、「5

    もっと読む
  • 時計買取

    腕時計を少しでも高く売る方法 時計を少しでも高く売る方法はいくつもございます

    もっと読む

カテゴリ一覧

トップへ