第四回「TSAロックで海外旅行を楽しく!」

TSAロックで海外旅行を楽しく!

ご存知ですか?TSAロック
2001年同時多発テロ以来、爆発物検査の為にアメリカ運輸保安局(TSA)検査員は、フライトの際に荷物を検査しています。これにより、アメリカの全ての空港(ハワイ、グアム、サイパンを含む)で荷物の鍵を開けたまま係員に預けることが原則となりました。鍵をかけたままでは、検査時に鍵を壊して荷物を確認されるのです。鍵を壊された鞄やスーツケースは、航空会社が修理や補償してくれるわけではなく、自費で修理しなければなりません。しかし、鍵をかけずに荷物を預けるのは、中身の紛失や盗難が心配です。

そこで現在普及しているのが、アメリカ運輸保安局の認可・承認を受けたTSAロックです。TSAロックを搭載した鞄やスーツケースは、施錠していてもTSA検査員が特殊ツールを使用して開錠、検査後はまた施錠するので、鍵をかけたまま荷物を預けることができます。搭乗時の鍵をかけなおす手間も軽減できるので、需要が高まっています。

tsalock  

アメリカでは全空港で採用
TSAロックシステムはTSAが認可し、『TRAVEL SENTRY』社が管理、運営しているシステムです。
このシステムを採用しているのはアメリカ、ハワイ、グアム、サイパンです。アメリカでは全ての空港でTSAによる荷物の検査を実施しています。
これらの国へ旅行に行く際はTSAロックを搭載した鞄で出発されるのがよいでしょう。

tsalock-2  スーツケースだけじゃないTSAロック

アメリカに行く予定があるけど、TSAロックでないスーツケースしか持っていない・・・という方にも安心です。
TSAロックはスーツケースベルトや南京錠、ダイヤル式鍵もあります。すでに鍵付きのスーツケースを持っている、という方は検査時に鍵をかけずにTSAロックのスーツケースベルトでロ   ックすれば紛失・盗難の心配も要りません。ソフトキャリーなどの大きな荷物でないときもダイヤル式の鍵でTSAロックを利用することができます。
海外旅行に行かれる予定があってこれからスーツケースを買うのなら、需要が高まりつつあるTSAロックを搭載したタイプの購入をおすすめします。 スーツケースだって、結構高額な買い物です。いいものを買って、長く大切  に使いたいですよね。

(TSAロックにはTSAにわかるように認識ロゴマークがついています。また、特別コードと特殊ツールを用いて開錠・施錠を行います。)

 

スーツケースおよびTSA関連商品は本館A棟5階売場にて取り扱っております。


カテゴリ: ,

PAGETOP