ジュエリーといえばやっぱりダイヤモンド!

ダイヤモンド イメージ

「ダイヤモンド」から、あなたは何をイメージしますか?

高価 ・ 透明 ・ 輝き ・ 婚約 ・ 結婚

婚約とか結婚をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

一生に一度の買物だから、価値ある品、良い品を選びたい。

そこでダイヤモンドを選ぶ際に、参考となるお話をしたいと思います。

『4C』のお話

 「4C」とはダイヤモンドのグレーディングスケール(評価基準)でCarat・Color・Clarity・Cutの4つで評価されます。4つの頭文字から「4C」と言われています。グレーディングレポート(ダイヤモンドの宝石鑑別書)にはこれらの評価基準が記載されています。

・Carat(カラット:重さ)
  ~カラットのダイヤモンドと言われると大きさを表していると思われがちですが、カラットという単位は実は重さを表しています。1カラットは0.2gで語源は、アラビア語のquirrat(デイゴ))か、ギリシャ語のkeration(イナゴマメ)だと言われ、宝石の重さをデイゴまたはイナゴマメの実、何粒分の重さかで表していた事に由来します。現在では精密な電子天秤を用いて、小数点第3位(1/1000Carat)まで測定します。
 
・Color(カラー:色)
  ダイヤモンドには無色なものから薄く黄色を帯びたものまで微妙な色の違いがあります。純粋無色なものを「D」、薄く黄色を帯びたものを「Z」とし23段階の評価をします。

ダイヤモンド 色説明

Dカラーに近づくほど希少性は高くなりますが、Gカラー以上であれば、比較するのではなく単体で見た場合に、肉眼では色付を判断するのが困難ですし、輝きにも影響を与えません。

・Clarity(透明度)
  ダイヤモンドには大抵の物にインクルージョン(鉱物結晶の内包物や割れ)やブレミッシュ(傷、欠け)があり、10倍の拡大鏡を用いて専門家が検査し、その大きさ、数、場所、性質、色、形状により11段階の評価をします。

ダイヤモンド 透明度説明

SI1以上のグレードを選べば、肉眼での内包物を発見する事は困難ですし、輝きにも影響を与えません。

・Cut(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)
  Carat、Color、Clarityは原石として形成される時から自然が決定しますが、Cutについてはカット職人の技による部分です。バランス良くカットされたダイヤモンドは光を良く取り込み、効率よく反射し、輝きを増します。Cutの評価は測定器で機械計測したプロポーション要素と目視評価要素から5段階の評価をします。

ダイヤモンド カット説明

プロポーション要素を構成する各部の名称は次のように呼びます。

ダイヤモンド カット説明図

上部の平らな面をテーブル(1面)、テーブルを含む上部側をクラウンと呼び
a:スター・ファセット(8面)
b:ベゼル・ファセット(8面)
c:アッパーガードル・ファセット(16面)
で構成されています。
下部の尖った部分をキュレット(1面)、キュレットを含む下部側をパビリオンと呼び
d:ローワー・ガードル・ファセット(16面)
e:パビリオン・メイン(8面)で構成されています。
クラウン側とパビリオン側に挟まれた外周部分をガードルと呼びます。
これらの面を全て合わせると58面になる為、58面カットと呼ぶ場合もあります。

3 Excellentとは通常のCut評価に研磨状態と対称性の評価を加え、その3つ全ての評価がExcellentの非常に希少性の高いダイヤモンドです。
ハート&キューピッド説明
 ハート&キューピッド(Heart&Cupid)とは特殊な装置を使用してダイヤモンドを見ると、クラウン側(ダイヤモンドの上部)から見たときは左側の写真にように8本の矢模様(アロー)が見え、パビリオン側(ダイヤモンドの下部)から見たときは右側の写真のように8つのハート模様が見えます。8つの模様が対称的に見える場合にハート&キューピッドと称し、Cut評価の上で対称性を表す場合のサブグレーディングレポートとしても使われます。 以前は「ハート&アロー」と呼んでいましたが、ある業者が商標登録してしまい、「ハート&アロー」という名称が使えなくなってしまった為、現在は「ハート&キューピッド」と呼んでいます。

ダイヤモンドを選ぶ際にはグレーディング評価も重要ですが、実際に目で見て、輝きを比べることも参考になります。プロポーションの良いダイヤモンド、透明度の高いダイヤモンドはより輝いて見えます。

『Shape』のお話
CutとShapeの違いは、Cutが全体的な形のバランスと研磨の状態を表し、Shapeはデザイン的な形を表します。ダイヤモンドは原石の特質に合わせて様々な形にカットされます。正円形のラウンド・ブリリアント・カット以外のカットを総称してファンシー・カットと呼びます。最もポピュラーなShape(形)には以下のものがあります。

ラウンドブリリアントカット

ラウンドブリリアントカット 説明図

『1700年頃のベネチアのガラス職人によってブリリアントカットの原型ともいえる58面体にダイヤモンドをカットされたことによりダイヤモンドはブリリアンシー(反射光)、ファイア(虹彩)、シンチレーション(フラッシュ効果)を手に入れました。 さらに二百年後の1919年、トルコウスキーが光学理的論的に基づいて計算されたブリリアンシー、ディスパーション(ファイア)、シンチレーションの優れたカッティング・プロポーションを発表し、これが今日のブリリアント・カットと呼ばれるダイヤモンドの基本型となっています。 ラウンドブリリアントカットは、もっとも輝くカットとして研究しつくされた形で、57面(アメリカンカットの場合は下部の尖った部分を面取りするので58面)で構成されています。』

オーバルブリリアントカット

オーバルブリリアントカット 説明図

『クラシックな魅力と女性らしい優しさあふれる表情の楕円形カット。縦と横の長さの比率によってもイメージが変わります。あなたの好みに合わせたシェイプを探してみて下さい。 世界で2番目に大きいカットダイヤモンド(カリナンII:317.4カラット)は、このShapeにカットされエリザベス女王の王冠に飾られているとのことです。 では、世界最大のカットダイヤモンドは・・・この下の「Pear Shaped Brilliant Cut」の説明をご覧下さい。』

マーキスブリリアントカット

マーキスブリリアントカット 説明図

『Marquisは「侯爵」を意味しています。フランス王ルイ15世がポンパドゥール夫人にマーキス(侯爵)の称号を与えた頃にパリで作られたカットなので、このように呼ばれています。 他の人とは同じもの持ちたくはないという個性的な方に好まれています。 』

ペアシェイプドブリリアントカット

ペアシェイプドブリリアントカット 説明図

『ペアは英語で「洋梨」の意味。左の写真をひっくりかえして見ると洋梨みたいでしょ! 中世のヨーロッパで好んで用いられていました。リングの場合はたいてい尖っているほうを下に向けたデザインにするため、指を美しく見せてくれます。繊細な大人の雰囲気が特長です。 世界最大のカットダイヤモンド(カリナンI:530.2カラット)は、このShapeにカットされイギリス王室の王笏に留められているそうです。ちなみにこの世界最大のカットダイヤモンドの発見時の原石の重さは3,106カラット(621.2g)でサイズはおよそ縦5cm、横6cm、厚さ10cmあったとの事です。この原石はトランスバール州政府(鉱山があった地)が買取、英国王エドワード7世の66歳の誕生日に献上されました。この原石は9個の大型ダイヤと96個の小型ダイヤにカットされ、1番大きなものが王笏に飾られました。 』

ハートシェイプドブリリアントカット

ハートシェイプドブリリアントカット 説明図

『最もロマンティックな愛らしさを表現するかたちです。カット可能な原石が少ないので、希少価値も高いのが特長です。 ハートの形に個体差がありますので、購入時に注意してハートの形のきれいなものを選んで下さい。枠をオーダーメイドにする場合は、ハートを留める爪の位置にも注意が必要です。なるべくハートがきれいに見える位置に爪をもってくるようにしましょう。』

エメラルドカット

エメラルドカット 説明図

『その名からも分かるように、エメラルドの輝きを最大限に引き出すために屈折率を計算したShapeです。長方形で四方の角にファセット(面)があります。スッキリとした透明感のあるカットですので、大人っぽい中性的な雰囲気が魅力です。』

プリンセスカット

プリンセスカット 説明図

『スタイリッシュでありながら可愛さをあわせ持つ正方形のカットです。1970年以降に登場した新しいカットで、若い女性にはとくに人気が高く、4つの角に伸びている細かいモザイク模様が輝きの良さを引き立てます。』
ジュエリー・ダイヤモンドは、レディス館7階にて取り扱っております。

カテゴリ:

PAGETOP