暖房器具の選び方・賢い使い分け方

暖房の選び方・賢い使い分け方

◆寒~い冬の暖房器具、どう選んだらいい?

 

 今年も寒い冬がやってきます。暖かい暖房器具が欠かせない季節ですね。
しかし、今は様々な暖房器具が販売されていてどれがいいのかわからない、という声をよく聞きます。
よくわからないまま選んでしまうと生活環境に合わずに、いまいち暖かくない!光熱費が高すぎる!
などという事になってしまいます。

 そこで今回はエアコン・石油ストーブ・電気ストーブ・ファンヒーター・オイルヒーターなど
代表的な暖房器具それぞれの特長とメリット・デメリットをご案内します。

 お客様にピッタリの暖房選びの参考にしてください。

特選家電フェア ライン

◆まずは利用シーンを考えてみよう!

 

 暖房器具には部屋全体を暖めるタイプと、局所的に暖めるタイプに分かれます。

 部屋全体を暖めるタイプはエアコン・石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどが代表的です。
こちらは広い範囲を暖めます。また、換気を必要とする石油やガスなどの燃料を使う製品が多くあります。

 局所的に暖めるタイプは電気ストーブ・こたつなどが有名です、最近は電気ファンヒーター(セラミックファンヒーター)やカーボンヒーターも多く見かけますね。
こちらはスイッチオンですぐ暖まる製品が多く、電気のみ利用する製品がほとんどでほぼ空気を汚しません。
ただし、器具のすぐ近くのみが暖かいという特性から大人数での利用には不向きです。

家族みんなが集まるリビングルームなどは広範囲を暖めるエアコンや石油ファンヒーターなどをメインに使用し、 状況に応じてこたつやホットカーペットなどを併用すると効率よく暖まります。
子供部屋や寝室にはセラミックファンヒーターやこたつが安全性も高く、暖かくなるのも早いので朝起きた時や、寒い外からの帰宅時にも最適です。

前者は部屋を暖める、後者は個人を暖めると考えていただくとよいかと思います。

また、石油ストーブはコンセントを利用しませんので広い部屋の中央や屋外でも設置できるなどの利点があります。

 暖房スピード 暖房範囲ランニング
コスト
安全性掃除の手間その他
石油ストーブ 電気不要・要換気
石油ファンヒーター 要換気
ガスファンヒーター要換気
オイルヒーター 静音性が高い
電気ファンヒーター 持ち運びやすい  
電気ストーブ持ち運びやすい 
カーボンヒーター  立ち上がりが早い 
こたつ スペースが必要 
ホットカーペット スペースが必要  
エアコン(※) ◎冷房も使用できる 

※エアコンは最新機種の一例です、性能の幅が広い為、製品により上記の表と異なる場合があります。

特選家電フェア ライン

◆特長を比較

 

 いくら製品本体を安く買っても光熱費が高くなってはもったいない!基本的には、ランニングコストは
石油が安く、次いで ガス、高いのは電気、となりますが、

 メンテナンス性や安全性は
石油が低い、 次いでガス、最も良いのは電気、となります。

お子様が遊ぶ部屋や家族の集まるリビングなどではコストやスピードだけでなく安全性も考慮が必要です。

 ※石油価格は他にくらべ比較的大きく変動します。

特選家電フェア ライン

◆エアコン暖房も賢くコストダウン

 

 エアコンを使用するお部屋では加湿器の併用がおすすめです。

加湿器の併用で体感温度が上がり、エアコンの設定温度以上の暖かさを感じることができます。

また、40%以上の適切な湿度を保つ事によってインフルエンザなどの予防にもなります。

 なお、石油ストーブやガスファンヒーターなどの場合、石油やガスに含まれる水素が空気中の酸素と結びつき水蒸気となるので、あまり加湿を気にする必要はありません。

 一人だけ寒がりさんがいる、などの場合には「電気ひざかけ」や「電気マット」の利用もおすすめです。

特選家電フェア ライン

◆おしゃれなデザイン暖房

 

 最近ではデザイン性の高い暖房も人気があります。
あえてレトロなデザインのストーブやスッキリシンプルなパネル型・タワー型などお部屋の雰囲気にマッチした暖房を探すのも楽しいです。

特選家電フェア ライン

 さて、いかがでしたでしょうか?
設置場所、使う人、人数に合わせて最適な暖房を選んでくださいね。


カテゴリ:

PAGETOP