家具インテリア豆知識【ベッド】

家具インテリア豆知識 ベッド

ベッドより良い眠りの環境をつくるには満足度の高い環境が欠かせません。睡眠は健康上においてもとても重要な時間。自分の身体にあったベッド選びのチェックポイントをご紹介いたします。

 ベッドのタイプには

●スタンダードタイプ: ベッド下にスペースがある一般てきなタイプ。収納ボックスを入れたりする こともでき、ホコリなども掃除しやすいです。 ベッド下スペースはベッドの種類によって異なります。
●引出し付きタイプ:ベッドの下を収納スペースとして使用できるので空間を有効活用でき、全体的に低めになるので、お部屋を広くお使いいただけます。定番の形なのでスタイリッシュなデザインが特徴的でデザインも豊富です。
●チェストタイプ:収納ベッド以上の収納力が魅力です。お部屋に他の家具を設置するのが不要になるぐらいの収納力が最大のメリットです。
●フロアタイプ:マットレス面までの高さが低いタイプのベッドです。全体の高さが低くなり上に空間が開くためお部屋に開放感を与えてくれます。ロータイプならではのスタイリッシュなデザインが特徴的です。
●跳ね上げオープンタイプ:ベッド下全てを収納スペースとして利用でき、ベッドのスペース以上に場所を必要としないので、引き出しタイプの引き出しを引き出すスペースを確保する必要がありません。
●脚付きマットレスタイプ:見た目がすっきりシンプルデザインになっています。マットレスとベッドフレームが一体化しているので比較的低価格で購入することが可能です。
●ロフトタイプ:お部屋の空間を最大のメリットです。 ベッド下の空間にソファーやデスクを置いたりすることによりお部屋に他の家具を置くスペースを確保できます。
●折りたたみタイプ:ベッドにお部屋のスペースをとられることはありません。省スペースに収納できて、移動もメンテナンスも楽です。価格が安いのも特徴です。来客時のエクストラベッドやオフィスでの簡易ベッドととしての使い方ができます。
●ソファタイプ:昼間はソファ、夜はベッドとして使えるのでベッドとソファの2種類を置くスペースがない場合などに活躍します。 
●天がい付きタイプ:天蓋の付いたタイプのベッドです。天蓋につけるカーテンを季節にあわせることにより、ベッド周辺の室温をコントロールしやすくなる点が魅力です。 たとえば冬であれば厚手の天蓋カーテンをつけ、夏であれば薄手のレースカーテンをつけ、冷房の風が体に当たりすぎないようにすることが可能です。

 ベッドの素材

●木製ベッドフレーム:木の温かみや柔らかさを感じることが出来ます。
●アイアン(パイプ)ベッドフレーム:軽く組み立てしやすい点、金属ですので頑丈な作りになっている点がアイアンベッドフレームのメリットといえるでしょう。
●レザーベッドフレーム:高級感があり、部屋全体の重厚感が出るこ。寝室を大人のインテリアのしたい方に最適なベッドフレームです。
●ファブリック(布地)ベッドフレーム:表面が布地になっているベッド。カジュアルな感覚で楽しめ、柔らかい質感が部屋を優しい雰囲気にしてくれます。。


カテゴリ: , ,

PAGETOP