南部鉄瓶(てつびん) 観月アラレ H-159 200VIH対応 日本の伝統美 南部鉄器|鉄瓶の通販|多慶屋(たけや)

1947年創業の老舗ディスカウントストア「多慶屋(たけや)」のオンラインショップへようこそ! 家電・ファッション・インテリアなど、より良い商品をより安く販売しております。

TAKEYAオンラインショップ 本館 TAKEYAオンラインショップ 食品・雑貨館 TAKEYAオンラインショップ 大型家具・家電館 TAKEYAオンラインショップ オフィス館
TAKEYAオンラインショップ ギフト館 TAKEYAオンラインショップ カタログギフト館 多慶屋 実店舗

ゲストさまのカート

0
0
0ポイント
  • カートを見る
  • カートを見る
当店は税込表示です。

鉄瓶の伝統的デザインあられ模様。南部鉄瓶で沸かしたお湯は、水道水の塩素臭などが抑えられ、まろやかな味わいが感じられると言われています

【送料無料】南部鉄瓶(てつびん) 観月アラレ H-159 200VIH対応 日本の伝統美 南部鉄器

商品コード:M-4906994615922

メーカー希望小売価格16,200

価格 13,200円 (税込:10%)

  • SALE
  • 送料無料

関連キーワード


■ご利用可能決済

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • ポイントでの全額お支払い
  • 銀行振込(*前払い)
  • 全額クーポン決済

・南部鉄瓶独自の文様として知られているアラレ文様。
・鉄瓶の表面積が増すことで保温効果が増すという先人の卓抜は知恵と緻密なデザインは、今も受け継がれており、多くの方々に愛されています。
・こちらの鉄瓶の大きな特徴としては、台所でかなり普及し始めた200VIHクッキングヒーターに対応しておりますので、とても便利です。
・ガスコンロや炭火でも使用可能です。
・容量:1.85L


日本の伝統美 南部鉄瓶(てつびん)
取扱いアイテム
お茶々もみじ H-187東雲亀甲 H-200千草 H-154
新亀甲アラレ H-156 観月アラレ H-159
【 主な仕様 】
●材質 : 鋳鉄
●サイズ(約) : W22.5×D18.5×H23cm
●重量(約) : 2.69kg

※鉄瓶の内側には直接お手を触れないようご注意ください。
※鉄瓶の内側を洗う場合には、器を手に持って揺り動かし中の水でゆすぐ程度にしてください。洗剤やミガキ粉、タワシ、金ブラシなどの使用は内側をいため、錆の原因にもなりますので特に禁物です。
※洗剤やミガキ粉、タワシ、金ブラシなどを使った表面のお手入れはしないでください。
※初めてご使用になる際は、2~3回お湯を沸かしてならしをし、それを捨ててからご飲料ください。
※ご使用後必ずお湯を空け、蓋を取って余熱で内部をよく乾かしてください。
※使いはじめから通常2日~1週間程度で内側に赤褐色の斑点が生じ、やがて全面に広がってきますが、これは錆ではありませんのでそのままお使いください。(錆の場合はお湯が赤くなり、金気が出ます。)
※長期間お使いになりますと、内側に赤褐色および白い沈殿物が付着してきますが、これは金気を防ぎ、お湯をおいしくする大切な物ですから決して取り除かないでください。(水の性質によって変わります。)
※空焚きをしないよう、くれぐれもご注意ください。(万一空焚きをした場合は、水などで急に冷やさず、そのままゆっくり冷ますようにしてください。)
※ガス・IH調理器などの火力及び熱源は中火以下でご利用ください。
※実際の色と異なって見える場合がございます。予めご了承の上、お買い求めくださいませ。
■送料区分 : 送料無料!
■配送地域 : 全国(離島を除く)
■配送方法 : 宅配便(ヤマト運輸又は日本郵便)※配送業者はお選びいただけません。
■備考 : のし・ラッピング不可/開封後返品不可/同梱発送不可

無題ドキュメント


【 ご注文前に動作環境・ブラウザ設定のご確認をお願いいたします。 】
TAKEYAオンラインショップでは推奨動作環境・ブラウザ設定がございます。
推奨動作環境・ブラウザ設定以外では正常に表示・動作しない場合がございます。
お手数ですがご注文前に動作環境・ブラウザ設定のご確認をお願いいたします。

詳しい推奨動作環境・ブラウザ設定につきましてはこちらをご確認ください。




南部鉄瓶(てつびん) 観月アラレ H-159 200VIH対応 日本の伝統美 南部鉄器|鉄瓶の通販|多慶屋(たけや)の商品ページです。商品コードはM-4906994615922 多慶屋では、食品、薬品、化粧品、健康食品、生活雑貨、家電、腕時計、アクセサリー、ブランド衣料、服飾、家具、インテリアまで良い品をお求め易い価格にて販売しております。 製造が間に合わなく、なかなか手に入らなかった南部鉄瓶がようやく登場。日本の伝統工芸品をお試しあれ。




最近チェックした商品